買う側から中古車個人売買を考える

中古車の個人売買でトラブルにならないために

>

中古車個人売買の有り勝ちなトラブル

中古車個人売買のトラブル例

個人売買でトラブルが多いのは、名義変更に関するものです。
自動車税や自動車保険の納付通知書が売り主に届くトラブルは、個人売買が4月1日を跨ぐと、車の購入者ではなく売り手に通知書が郵送されてしまうことです。自動車税や自動車保険は4月1日時点での所有者に納付通知書が郵送されるためです。4月1日を跨ぐ取引は、注意が必要です。
次に自動車税の前払い分を買取価格に含めた金額を請求されることもトラブルの原因になります。
事故車や盗難車の売買もトラブルになります。事故車や盗難車は知ったときに、売買契約を無条件でキャンセルできます。但し、時効がありますので、注意が必要です。
車の故障につきましては、納車時にチェックが漏れますと瑕疵担保責任についてトラブルが発生します。特に、契約書に瑕疵担保責任を負わない旨が明記しえ在りますと、買主の泣き寝入りになりかねません。

中古車個人売買のトラブル回避

契約時点での確認事項は、入金方法、引き渡し方法、名義変更の時期などの確認に加え4月1日時点の所有権について事前に両者で確認しておきましょう。
納車時は現品の細かい部分を確認します。外装部分の傷、事故歴・修理歴、エンジンの調子、走行距離を売り主買主の両者で確認しましょう。このとき、車検証も確認が必要です。
また、車の不具合は、売り主買主で共有し、売買契約成立後の車の故障について、責任の所在をあらかじめ決めておきます。契約書を交わす前に、暇疵担保責任について同意を確認しましょう。
サインの前に入念なチェックは、過ぎることはありません。欠陥が見つかった場合は、契約を不成立にするために、契約書にサインしないという選択もできます。
最後に、事故歴の確認方法は、全国にある財団法人 日本自動車査定協会に依頼すれば、車両状態確認証明を発行してもらえます。